自分が必要とする設備が整っているかチェック

内見でリアルな設備を確認

賃貸アパートや賃貸マンションの内見で、絶対に確認しておきたいポイントがあります。自分が必要とする住宅設備が十分に揃っているか、見学の段階でよく吟味しておきましょう。ネットからでも物件の設備や仕様、間取りはチェック可能です。ただ肉眼で改めて確認した方が、設備の状態や使い方などが直感的に分かります。お料理好きな方々には毎日快適に使えるシステムキッチンが必要です。またIHクッキングヒーターを利用したい方、電子レンジをよく利用している方々は、その設備が賃貸物件についているか確認しておきましょう。もし設置されているようであれば、その設備の使い方や設置された年代などを、同行するスタッフに質問してみるのも良いでしょう。

お風呂やトイレ、玄関などをチェック

ライフスタイルに大きくかかわる設備は、念入りににチェックしておきましょう。例えばお風呂です。最新のシステムバスが実装されていれば、毎晩快適に一日の疲れを癒せます。ミストサウナや自動お湯はり機能、さらにはIot機能が搭載されていれば、自宅のお風呂タイムが楽しく便利になります。次にトイレの設備を確認しておきましょう。ウォシュレット便座なのか、それとも旧式のシンプルな設備なのか、それとも伝統的な和式便器なのか、内見の時にチェックしておけば一安心です。そして最後に玄関扉の設備を確認するのも大事です。防犯カメラやカメラ付きのインターホンが設置されているか、ピッキングに強い構造の鍵穴になっているか等、賃貸物件のセキュリティ力について念入りに確認してみましょう。