日当たりは良好?ベランダの日照や部屋の明るさをチェック

太陽の光は快適な暮らしに大事です

ベランダの日当たりが良好であれば、暮らしが豊かになります。適度に日差しが毎日さしこむ事で、朝の目覚めが良くなります。人は眠っている時でも太陽の光を感じる事ができ、それによって体内時計を上手く調節しています。日差しが全然さしこまない部屋だと、朝寝坊が増えてしまうかもしれません。また太陽光がリビングに日中、長時間さしこめば室内でくつろぎながら同時に日光浴も満喫出来ます。家庭菜園を楽しむ上でも、ベランダの日照状態は大事です。太陽光が朝昼夕と長時間さしこむベランダなら、様々な種類の野菜や果実、ハーブ類を栽培出来ます。太陽の光をたっぷりと浴びた野菜や果実の方が栄養価や味わいが良くなり、賃貸マンションで家庭菜園を計画する方は日照状態を意識して物件選びをしたいところです。

部屋が明るい方が過ごしやすい

ベランダや窓が南向きに正しく設置されていても、隣に巨大なビルや背の高いマンションが隣接していると、太陽の光が入り込みづらいです。間取りだけでは分からない事もありますので、部屋の日照状態やリアルな明るさを知りたい方は、気になっている賃貸マンションの部屋を見学しましょう。不動産業者に相談すれば、都合の良い時間帯と曜日に賃貸マンションの部屋を下見可能です。太陽光が常にさしこむ部屋は日中明るく、照明機器が不要です。リビングや寝室の電気を灯す時間帯が減れば、それだけ光熱費やLED蛍光灯のコストが浮きます。日当たりが良好であれば、明るい室内で気持ちも明るく前向きに過ごせますし、天気の良い日ならクッションや布団などもベランダに干せます。